アメリカの国立公園

ピクチュアードロック湖畔公園 (Pictured Rocks National Lakeshore )
所在地 ミシガン州
国立公園指定日 1966
広さ Km
標高最高地点
標高最低地点
アクティビティ
2002年入園者数 43万人
特長  
訪問日 2003/6/6

パークマップ

写   真 記    事
Grand Marais側の公園入口

 まだ午前8時前に到着。人影は殆どなくひっそりとしていた。
Grand Sable Visitor Center

 まだ開館していないので資料などは入手できない。開館まで近くのトレイルを歩く。
Sable Falls & Grand Sable砂丘方面へのトレイル

 ビジターセンターより少しGrand Marais寄りの駐車場に駐車し、そこからトレイルを歩く。大きくSable Fallsを見に行くトレイルとGrand Sable砂丘とスペリオル湖を見に行くトレイルがある。両方共歩いた。合計2Km程度の朝の散歩だ。
 林の中を歩くとき蚊が少し気になった。
Grand Sable湖

 ビジターセンターより少し先にGrand Sable湖がある。道路沿いに湖を眺めることができるが、この道路は生憎工事中。おかげで次の目的地Log Slideへ向かうのに大きく迂回しなければならないあハメになってしまった。
Adams Trailの未舗装道路

 ピクチュアードロック湖畔公園内の道路の大半は未舗装道路。
比較的道路幅が広く、対向車も殆ど来ないので、高速走行を楽しむ。自分の車が巻き上げる砂煙をミラーで見ると面白い。写真でおよそ時速40マイル程度。この速度だと砂煙の高さは車高より少し低い程度。60マイルになるとかなり高く舞い上がる。写真撮影時は危険なので速度を落とさざるを得ない。
 ドアーミラー越しの撮影は比較的簡単だったが、ルームミラー越しの写真は一人で運転しながらの撮影ではとても難しい。何回かチャレンジしたがすべて失敗でした。
Twelvemaile Beach

 5大湖中、最大の湖、スペリオル湖。スペリオル湖を前にした湖岸線などの景色を楽しむ。
Hurricane River
Au Sable Light Station

 Hurricane Riverから往復およそ4Kmのトレイルを歩いてこの灯台に到着。このトレイルは横に林越しにスペリオル湖を見ながらの平坦なトレイルだ。トレイルといっても、業務用の車は進入可能となっている。トレイル自体は単調。いっそのこと一般観光客も車で進入させて欲しかった。
Log Slide展望台

 ピクチュアードロック湖畔公園の”売り”のひとつの景色。急な崖の湖岸線が続くGrand Sable砂丘が雄大だ。景色は素晴らしい。この展望台までは駐車場から往復1Km程度歩かなければならない。
Little Beaver湖

 ここのトレイルも歩こうと思っていたが雨が強く降り出したので止めた。
Chapel Basin

 この辺りのお天気は急変する。先程まで大雨だったかと思うと23Km離れたChapel Basinの駐車場に到着したときは晴れていた。
 ここから8Kmの周回トレイルを歩く。Chapel Lake、Falls、Rock、Beachなど見所は多い。駐車場に着き車の扉を開けた。蚊の大群が車の中に侵入。この蚊、この後、1週間位車の中にいて、カナダのケベック州辺りまで付き合ってくれた。以降蚊の攻撃に悩まされる。
 トレイルを歩いた。海岸以外は蚊が実に多い。写真を撮ろうとして立ち止まるとたちまち蚊の攻撃。おかげで8Kmのトレイル、殆ど立ち止まることなく歩くハメになってしまった。ここの蚊は凄い。厚手の靴下を穿いていても刺してくる。
Miners Castle

 駐車場からスペリオル湖を眺める展望台に歩く。すでに何人かの観光客が展望していた。展望台に到着。絶景に思わず「Oh〜!」と歓声を上げてしまった。この声を聞いた先着の観光客も「どうだ、きれいだろう〜」などと話しかけてきた。こういうところではすぐにいろいろな人達と仲良くなれる。
Munising Falls

 公園の殆ど西端まで来た。駐車場から車椅子も可能なトレイルをおよそ300m歩くとMunising Fallsを見ることができる。落差は4,50mあるのだが、水量が少なく感じる。滝というのは往々にして木陰に囲まれたところにあり暗い場所であることが多い。ここもやや光量不足の感じがする。
Sand Point

 ごくありふれた湖岸だった。特に感銘するような景色には出会わなかった。

関連リンク
アメリカ北東部ドライブ旅行記 アメリカの国立公園 アメリカ・ドライブ
アメリカ国立公園局公式ホームページ ミシガン州 ミシガン州の国立公園
HOME