アメリカの国立公園

クヤホガバレー国立公園 (Cuyahoga Valley National Park
所在地 オハイオ州
国立公園指定日 2000/10/11
広さ
標高最高地点
標高最低地点
アクティビティ ハイキング、サイクリング、釣り、ピクニック
2001年入園者数 322万人
特 長 元々NRA(National Recreation Area)だったのが2000年10月に国立公園に昇格。国立公園としては余りにも魅力に乏しく、整備もされていない。国立公園として指定されている地域にには民有地も数多く含まれ、民間施設も多い。カリフォルニア州のサンタモニカ山地NRAよりも劣る状況だ。アメリカの国立公園の品格を落としてしまうのではと思ってしまう。なぜ国立公園に指定されたのか不思議だ。
訪問日 2003/6/4


写   真 記    事
この辺りにビジターセンターがあるはずだが・・・

 カーナビの指示に従い、シンシナティ方面からI−71を経由してきたが、公園の案内標識もビジターセンターらしき建物も見当たらない。現在どこにいるのかさっぱり分からなくなってしまった。
やっと見つけた

 再びI−480に戻り、インターステート上の案内看板を探し出し、その指示に基づいてやっとの思いで公園の案内看板を見つけた。
Happy Days Visitor Center

 とても分かりにくいところにある。催し物などもできる広いホールもある。
Peninsula Depot Visitor Center

 ここにもビジターセンターがあるはずだが見当たらない。付近の人に尋ねて見るが知らないと言われる。
Hunt Farm Visitor Information Center

 小さな民家のような目立たないInformation Centerだ。
Indigo Lake

 さして印象的とは思われない湖。釣りを楽しむ人がいた。
Blue Hen Falls

 苦労してたどり着いた割にはこの程度のもの・・・、と失望。
バレーと言ったって・・・

 バレーと言ってもこの程度の河しか見ることができなかった。ごくありふれた普通の河だ。
Brandywine Falls

 クヤホガバレー国立公園内で唯一一見の価値がありそうと思われた滝。

関連リンク
アメリカ北東部ドライブ旅行記 アメリカの国立公園 アメリカ・ドライブ
アメリカ国立公園局公式ホームページ オハイオ州 オハイオ州の国立公園
HOME