アメリカ南西部ドライブ旅行記   (2001/5/12〜22)

5月15日(火)

記       事 写    真
 Whites Cityからカールズバッド国立公園まではすぐ近く。と言ってもVisitor Centerまでは7マイルの山岳ドライブだが・・・。前日寝る時間が遅くなったのでこの日は久々に7時頃まで寝た。モーテルの料金には付属のレストランでの朝食が付いている。いつものようにパンケーキとコーヒの朝食を摂った後、チェックアウトし今回のドライブの目玉のひとつであるカールズバッド国立公園のVisitor Centerを目指す。
 Visitor Centerは高台の上に位置しており、ここからは周りの大平原が見渡せ、その広さに感動する。Visitor Centerで洞窟内のオプショナル・ツアーを予約する。係員は私達が日本人ということを知ると日本人の係員を呼んでくれた。オプショナル・ツアーに参加するためには一人5ドルが必要。この日はいくつかあるオプショナル・ツアーの内、キングス・パレス・ツアーというのだけが開催されていた。午後2時からスタートだ。日本人係員から公園の概要などを聞く。アメリカのメジャーな国立公園には日本語のパンフレットも用意されているところが多い。
 オプショナル・ツアーまでにはまだかなり時間があるのでガイド無しの無料ツアー・コース、Natural Entrance TourとBig Room Tourに出かける。
 Natural Entrance TourはVisitor Center横の洞窟入り口から232m下る長さ1.6kmのツアー。洞窟入り口には観覧席が設けられていた。ここは夕方になると40万匹ともいわれているコウモリの大飛翔の風景が見られるところだ。今回は残念ながらこの大飛翔を見ることはできなかった。後1週間後に訪問すれば見ることができた。巨大な洞窟に入る。高層ビル79階分も下っていくことになる。外の明るさに比べ洞窟内は暗い。しばらくするとその暗さにも慣れてきた。様々な鍾乳石などがライトアップされて幻想的だ。白っぽい光、緑っぽい光、オレンジっぽい光、青っぽい光などで弱く照明され様々な表情を見せる。普通のカメラでは暗すぎて洞窟内の撮影は難しい。ストロボ撮影は近距離ならば可能だろうけれども全体を撮影するのは難しい。かなり高感度のフィルムか三脚とレリーズが必要。またスケールも馬鹿でかい。山口県の秋芳洞が実に小さく感じる。
 1.6km歩くとBig Room Tourと呼ばれるコースと交差する。真っ直ぐ行き洞窟内にあるレストハウスで休憩。ここには売店、レストラン、トイレ、エレバーターなどの設備がある広大な地下空間だ。
 Big Room Tourに出発。ここは殆ど平坦な周遊道で1.6kmの長さがある。この周遊道は車椅子で見学することも可能だ。Big Roomは地下200mに存在する高さ80m、広さはサッカー場が14面も入るといわれている世界最大といわれている広大な地下空間だ。立入禁止にはなっているがその他にも多くの洞窟もある。洞窟の総延長はどの位あることやら。
Big Room見学後、予約しておいたオプショナル・ツアーまではまだ時間があるので取りあえず地上に出てドライブ。カルスト地形が延々と続いている。季節的な要因もあるかもしれないが、カルスト台地については秋芳洞の方が印象的だった。ここカールズバッド国立公園は広すぎる。変化もなだらか。というのでカルスト台地の美観は秋芳洞の方が上。
 昼食後、オプショナル・ツアーのキングス・パレス・ツアーに出発。公園係員のガイド付きツアーで一般では入れない部分を案内してもらう。地下の指定された集合場所に集まる。ツアー参加者は20名程度。日本人は私達だけだ。ガイドが面白おかしく説明しているようだが、私には何を言っているのかさっぱり分からない。とにかく出発。キングス・パレスは一般客が立ち入っていないためか、より自然が保たれている。またさすがに有料だけあってか見所も多く、とても壮観だ。途中でガイドが洞窟内ですべての照明を消した。「真っ暗」というのを説明しているのだろう。ビデオの液晶モニターが眩しく感じられる。すべての光が消えた。真っ暗だ。目の前に自分の手を動かした。かすかに手の動きが感じられた。これでも真の真っ暗ではないのだろう。ツアーはおよそ1時間半。
 地上に戻ったのは午後4時過ぎ。急いでお隣のガダルーペ山岳国立公園に行くことにした。カールズバッド洞窟群国立公園からは40マイルの距離だ。前日真っ暗な中を走ってきた国道62号線を走る。延々と真っ直ぐな道が続く。Visitor Centerに到着した。私の時計ではまだ午後5時前。Visitor Centerはまだオープンしていると期待していたが既に閉まっていた。ここはテキサス州、時差が1時間あり、ここではもう6時前。Visitor Centerは午後5時に閉館だ。おかげでガダルーペ山岳国立公園のパンフレットやスタンプを入手できず。写真のみを撮って公園内を軽くドライブしてCarlsbadの街に向かう。
 Carlsbadで今夜の宿泊先を探す。ここは結構モーテルがある。適当なところにチェックイン。レストランに向かう。ファミリー・レストランのような雰囲気のお店に入る。今回のアメリカ・ドライブでは初めてステーキを注文する。いつもはリブ・ステーキを注文するが今回はTボーン・ステーキを注文する。やはり量はとてつもなく多い。食べきれない。味は中の下というところか。

カールズバッド国立公園入り口


Natural Entrance


Big Room


カルスト台地


国道62号線
Whites City〜ガダルーペ山岳国立公園


ガダルーペ山岳国立公園


今夜の宿泊先

戻る NEXT