右肺中葉 画像
 
治療歴
 
2014/01/15 右肺上葉の陰影が増大傾向にあると指摘された
2014/01/28 検査入院(肺生検) ⇒ Class2と判定 
2015/03/07 検査入院(肺生検) ⇒ 右肺上葉/中葉 悪性腫瘍疑い強いClassW
2015/03/23 第1回化学療法入院
2015/03/25 第1回抗がん剤点滴(アリムタ+カルボプラチン+アバスチン)
2015/04/21 第2回抗がん剤点滴(アリムタ+カルボプラチン+アバスチン)
2015/05/19 第3回抗がん剤点滴(アリムタ+カルボプラチン+アバスチン)
2015/06/18 第4回抗がん剤点滴(アリムタ+カルボプラチン+アバスチン)
2015/07/23 第1回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/08/13 第2回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/09/03 第3回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/09/24 第4回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/10/15 第5回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/11/05 第6回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/11/26 第7回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2015/12/17 第8回維持療法(アリムタ+アバスチン)
2016/01/14 第9回維持療法(アリムタ)
2016/02/08 第10回維持療法(アリムタ) 
2016年9月14日CT撮影 2011年9月下葉切除後、中葉が横隔膜近くまで拡張した。
赤丸で囲んだ部分が中葉の腫瘍だ。 ピンク丸は上葉。
 
2015年2月19日撮影 2016年1月14日撮影
2015年5月15日撮影 2015年5月15日撮影 2016年1月14日撮影
<--   スライス面の差や心臓や胃の大きさの違いなどもあり、拡大か縮小かよく分からない  -->

2015年5月15日撮影 2016年3月2日撮影
2015年7月13日撮影 2016年1月14日撮影
←   私はこの病変部の形から左を向いている龍の頭をイメージしている。
 左の画像と比べ、何となく龍の後頭部上の方が拡大、首の辺りが縮小のようにも見える。
  →
2015年10月15日撮影 病変部拡大画像 2016年1月14日撮影
2015年6月15日
 
2016年9月14日
 
少し大きくなっているような気がした。主治医は「そうかな〜?」との初見だったが、スライス角度や撮影状況によっても生じる誤差かもしれない。と自分なりに納得しようと下が、やはりやや拡大しているという印象を受けた。 まぁ、この程度で一喜一憂していたら、かえって悪化させそうだ。 
2016年6月15日CT画像 2016年10月26日CT画像
 
以前の画像と比べると、赤丸左下方向にに陰影が
拡大し、右方向の陰影は薄くなっているようだ。
この薄くなっているのはアリムタの効果か?
 
2016年8月24日X線画像 2016年10月26日X線画像
2015年2月19日撮影 病変部拡大画像 2016年1月14日撮影 病変部拡大画像
2015年5月15日撮影 病変部拡大画像 2015年5月15日撮影 病変部拡大画像 2016年1月14日撮影 病変部拡大画像
2015年7月13日撮影 病変部拡大画像 2016年1月14日撮影 病変部拡大画像
2015年10月15日撮影 病変部拡大画像 2016年1月14日撮影 病変部拡大画像
同じ日付でもスライス面により見え方が大きく異なる。
微妙だ。 何となく拡大しているようにも見える。
2015年10月15日撮影 病変部拡大画像 2016年3月2日撮影 病変部拡大画像
2016年1月14日 2016年6月15日 微妙、拡大率も異なるし・・・、それを考慮すると縮小しているようにも思える。