ロッキー山脈縦断ドライブ旅行記

7/20(日)

記        事 写  真
Mono Lake

 午前3時半起床。まだ暗い。Tioga RoadでLeeVining方面に向かう。暗いがTioga Roadを引き返すとき全線明るい状態で見たいのだ。Tioga RoadがUS395と接続する付近のView Point辺りで撮影可能な明るさとなった。
 このView Pointからは6月23日夕方に湖畔に寄ったMono Lake全体が見渡せる。丁度逆光になりきれいな写真が撮りにくい。Mono Lakeの反対側にはヨセミテ国立公園内で高峰が多くある雄大な山脈が朝日に明るく照らされている。
Mono Lake 5:28
Tioga Road

 いったんUS395Nに入りLee Viningのレストランで朝食。パンケーキを注文。マクドナルドのパンケーキよりははるかに直径が大きい。直径20cm以上あったのではなかろうか。これが3枚。焼き方はマクドナルドの方が好きだ。シロップをたっぷりとかけて食べる。
 US395側のTioga Roadの路面標高は2070m、ここからTioga Passの標高3000m位まで一気に登っていく。前半は急坂が続く。レンタカーのひ弱なエンジンではDレンジで加速するのがつらい。見た感じ、急坂には見えないのだがかなりの急坂のようだ。急坂ではいくらアクセルを踏んでも速度が上がらずかえって減速してしまうような急坂もある。道路幅も広く快適に飛ばせそうな道路だが100kmの速度を維持して走るのはむつかしいかもしれない。
 ヨセミテ国立公園域はTioga Roadを登り切った辺りからだ。そこまでの景色は大変素晴らしい。前方には4000m近い山が堂々と聳える。高い山に囲まれて登っていく。徐々に雪渓が目立ってくる。
 Tioga Roadは大体5月中旬〜11月初旬までが通行可能なようだ。
Tioga Road、Lee Vining 6:03
料金所

 まだ午前7時前というのにTioga Passの料金所には既に係員がいた。ヨセミテ国立公園は料金徴収に関してはしっかりしているようだ。フロントガラス左下に貼っている昨日購入した入園券を示し通過する。入園券は1週間有効だ。わずか1泊2日の利用なのに勿体ない。
 日本では入園料を徴収する国立公園や国定公園があるのか知らないが、日本も公園利用者から料金を徴収するようにすれば良いと思う。日本の場合、国立公園内に民間施設などがあったりしてせっかくの景観を損なっている感じもする。
ヨセミテ国立公園、Tioga Pass料金所 6:27
シーズン真っ盛り

 この日は7月20日(日)、1年でもっともヨセミテ国立公園が賑わった日ではなかろうかと思う。キャンプ場は勿論満車、路上に車を停めて車中泊している観光客が実に多かった。
ヨセミテ国立公園、キャンプ場付近 6:47
ビジターセンター

 今回のヨセミテ国立公園訪問ではTioga Road沿いの景色の美しいトレイルを歩きたかった。ヨセミテ国立公園には総延長1200kmものトレイルがある。できれば標高の高いトレイルを歩きたい。夏場のこの時期標高が低いと暑くてたまらないのだ。
 こんなにもトレイルが多いとどのトレイルが私に合っているのかさっぱり分からない。ビジターセンターでお薦めのトレイルを紹介して貰おうと思ったが、Tioga Road沿いのTuolmine Meadows Visitor Centerはまだオープンしていない。開館までまだ1時間もある。実にタイミングが悪い。朝食にステーキでも焼けば待てるだろうが、ステーキは昨日で食べ尽くしてしまった。ビジターセンター近くで1時間も時間を潰す気にもなれない。
ヨセミテ国立公園 Tuolmine Meadows Visitor Center 7:00
CA120

 ヨセミテ国立公園のHetch Hetchy Valleyに行こうと思った。Hetch Hetchy Valleyはヨセミテ国立公園の中ではマイナーなスポットだろうと思う。ザイオン国立公園のKolob Canyonのように公園内の主要スポットからは離れたところにあるのだ。限られた時間の訪問ではわざわざ時間を割いてこんな僻地には行く気にはなれない。
 ヨセミテ国立公園に関してはトレイル以外はHetch Hetchy Valleyを除き主要スポットは殆ど訪問したのでここに寄る気になったのだ。
 Tioga Roadを通り抜けCA120をサンフランシスコ方面に走る。Tioga RoadはCA120に含まれるのだ。CA120の終点はUS395との接続点であるLee Viningだ。
 Hetch Hetchy Valleyへ行くには途中で脇道に入らなければならない。NeverLost装着車といえども山間部では正しく表示されないことが多い。脇道への案内看板を見逃してしまった。気づかずにそのままCA120をサンフランシスコ方面に走り続ける。サンフランシスコ方面からは大勢の観光客がヨセミテ国立公園方面を目指していた。この日は日曜日なのだ。何10台ものバイクの集団ともすれ違った。
 CA120はヨセミテ国立公園外に出ると、より快適なハイウェイとなる。
 途中で行きすぎに気づき引き返す。
CA120 10:17
キャンプ場

   CA120から脇道に入る。道路は舗装されているがかなり悪い。路面がデコボコしていたりカーブも多く道路幅も狭い。
 途中にキャンプ場があった。かなり大きなキャンプ場のようだ。森の中の平凡なキャンプ場のような感じがする。こんなところでは蚊なども多そうだし、どうしてこんなところでキャンプしたがるのだろうと思う。シーズン・ピークのため、人気あるキャンプ場は予約がとれないため仕方なくここでキャンプしているのかもしれない。
 家族連れが多い。小学生低学年程度の子供達が多い。テレビなどの無い大自然の中で家族と共に過ごす機会が多いアメリカの子供達、少し羨ましく思う。恐らく子供達の成長にはとても良い影響を与えると思う。
ヨセミテ国立公園、Hetch Hetchy Valley 10:55
狭い道路

 キャンプ場を抜けると公園の料金徴収所がある。係員に昨日購入した入園券を示し少し話をしてから通過。道路はますます狭くなる。途中山火事跡を通過する。私にはかなり広範囲の山火事(見える範囲では2,3km四方)なのだが、多分アメリカの山火事の中では小規模なのだろう。まだ高い樹木は再生していないため見通しは良い。
 道路はますます険しくなる。車とすれ違いたくない。道路幅は更に半分近くになり一方通行になる。一方通行の終点に大きな駐車場とO'Shaughnessyダムにより作られた貯水池がある。この貯水池は水力発電とサンフランシスコへの水の供給源になっている。
ヨセミテ国立公園Hetch Hetchy Valley 11:10
トレイル

 駐車場からダムの堰堤に向かう。堰堤から貯水池を望むと険しい断崖や2つの滝が見える。堰堤を渡りきるとトンネルを抜けトレイルの出発点だ。どうやら滝を見に行くトレイルのようだ。高低差も余りないようだ。貯水池を右に見ながらトレイルを歩く。とても楽チンなトレイルだ。途中からトレイルらしくなり上り坂となってきた。天気も快晴ではないし、かなり疲れていた。この長い旅行で疲労は最高潮にまで達しているようだ。「滝なんて今回の旅行で何度も見てきているし・・・・」などと屁理屈を並べ立てながら途中で諦め引き返した。ダメだ・・・。気力も体力もかなり低下している。
ヨセミテ国立公園、Hetch Hetchy貯水池 11:36
Big Oak Flat Rd

 ヨセミテ国立公園のシンボルとも言えるハーフドームは公園内の色々な場所でそれぞれ異なった角度から眺めることが出きる。
 ヨセミテバレー:真下から垂直の巨大な崖に驚かされる。
 グレイシャーポイント:やや斜め方向上から眺めることができる。バランス的にも丁度良く、私はここからの眺めが好きだ。
 ほぼ近くにあるWashburn Point:グレイシャーポイントと似ているが、ほぼ真横から眺めることが出きる。
 Tunnel View:少し顔を覗かせる。より近いエルキャピタンの迫力に驚く。
 Tioga RoadOimsted Point):え!?、ここからもハーフドームが見えるの?と思う。Washburn Pointとほぼ180度反対方向から眺めることになる。
 Big Oak Flat Rd:ここをドライブ中は間近で見る過去の森林火災跡の生々しさやMerced川が作り出す渓谷を楽しむことが多いが、ここからもハーフドームを眺めることが出きる。今回初めてここからも眺めることが出来ることを知った。
ヨセミテ国立公園Big Oak Flat Rd 13:23
ロスアンゼルスへ

 旅行日程も残り2日になった。明後日にはロスアンゼルス国際空港近くのホテルにたどりつかなければならない。ここからは残り600km前後だろう。ほぼ確実に戻ることが出きる。
 この分では1日分余裕が出来そうだ。帰り道、1日分の余裕時間でどこをドライブするか考えながら走った。私のアメリカ・ドライブではカリフォルニア州のI15やI40の内容が貧弱だ。アリゾナ州のUS95Sは走ったことがあり良い印象を持っているがカリフォルニア州内は走っていない。とにかくモハーベ砂漠方面をドライブしようと思った。
 ヨセミテ国立公園からロスアンゼルス方面に向かうには主にCA99Sを利用すると思うが、CA99SまではCA41Sを利用して山岳地帯から平野部に下りていく。CA41Sは交通量も少なく景色もいかにもアメリカ西部を連想させるような景色が多い。
CA41S、Oakhurst 15:05
食料品店に行きたい

 この頃にはステーキ自炊で食べるのが楽しみになっていた。CA99Sに入りステーキを購入しなければという思いが強くなっていた。車を運転しながらハイウェイでWal*Martなどの看板を見つけてもなかなかそこへたどり着くのは難しい場合が多い。それにハイウェイからではなかなか食材店の看板は見あたらない。
 車を運転しながらNeverlostに行き先を設定する。Wal*Martを設定した。ここ最近あてにならない"Point of Interest"を利用しての検索だ。一番近くのWal*Martが見つかった。CA99Sを下りCA190で東に走らなければならない。およそ70kmの寄り道だ。近くのスーパーに寄るためにわざわざ70kmも走らなければならないのか・・・、さすがアメリカだと自分を納得させながらCA190Eを走る。
CA99S 16:14
またもNeverLostに騙された

 CA190Eに入る。真っ直ぐな起伏のない道路だ。約30kmの直線道路を走る。両側は広大な農場だ。規模が大きい。養鶏場もあった。養鶏場の鶏舎の長さは300m前後あるだろうか。大きい。この辺りはカリフォルニア州の大農場地帯だ。
 前方には西日に輝くまるで全体が塩であるかのような山が見えてきた。まさかこんな低地に全体が雪で覆われた山があるはずがない。
 長い直線道路の終点近くに達した。カーナビは右折を指示する。しばらくして目的地に到着の旨をカーナビがアナウンスする。農場地帯の真ん中でありスーパーマーケットのような建物は見当たらない。廃店になったのかもしれない。またもNeverlostに騙された。恐らくNeverlostのDVDの情報が古いのだろう。"Point of Interest"は信頼できない。
CA190E,Porteville 17:14
どうしてもステーキを買いたい

 Neverlostの"Point of Interest"は信用できないということを再び思い知らされてCA99Sに戻った。どうしてもステーキを買いたく今度はBakersfieldのWal*Martに行くことにした。Neverlsotに指示したのだ。余り信用できないがBakersfield程度の大きな街(人口33万人)ならば、途中でスーパーを自力で探し出せるだろうと考えた。
 Bakersfieldに入ったときはもう薄暗くなっていた。車の数が多い。数が多いと探しながら運転するのは緊張する。一応Neverlostの指示のままに走るが余りあてにはしない。食材店らしい看板を見つけた。まだ営業していた。やっとステーキを購入できた。2食分を購入した。
Bakersfield 18:21
夜の大カーバトル

 明日はカリフォルニア州のI15、I40,US95をドライブしようと思っていた。まだ時間はあるので取り敢えずI15、I40の分岐点であるBarstowまでCA58経由で移動しておこうと思った。途中でステーキ自炊できる場所を見つけようと思っていた。
 Neverlostに目的地としてBarstow、ルート選択方法として"Most use of Freeway"を指示した。結果的にはこれが良くなかった。Neverlostの指示のままBarstowへ向かう。
 暗くなっているので現在どの道路を走っているのか良く分からない。カーナビの示す地図だけが現在地を知る手段だ。
 指示のまま走っていると車の数がかなり増えてきた。車線数も片側6車線程度になっていた。上り坂になっていた。ロスアンゼルス北方のI5Sであることに気づいた。日曜日の行楽帰りと思える車が多い。日本の東京都内の東名高速道路並の混み方だ。日本と違い、車線数が多く、車の平均速度が速い。また路面もとても暗く、車線分離線も消えかかっている。I5Sの難所で大変混雑している。カーブも多い。おまけに私の走っている車線は一番内側。最速のレーンだ。恐らく140km前後の速度だろう。多くの車が頻繁に車線変更を繰り返しながら右から、左からと前の遅い車を追い抜いていく。夜の混雑したハイウェイではマナーなんてありはしない。私も頻繁に車線変更を繰り返しながら速い車についていく。道路が暗いのでとても緊張する。
 Neverlostはロスアンゼルス市内経由でBarstowに向かわせた。おかげで100km前後、夜の大カーバトルを強いられてしまった。一番きつかったのは北方のI5Sだったがこのバトルはロスアンゼルス郊外のI15Eの車線数が2,3車線にまで減少する区間まで続いた。
 ロスアンゼルス市内を経由するなんて、一番走りたくなかった経路だ。最悪だった。
 こんなロスアンゼルス市内を経由したためステーキが焼けそうなレストエリアは全く見つからなかった。結局Barstow近郊のレストエリアまでドライブしてしまった。

次頁 

関連リンク
HOME アメリカ・ドライブ アメリカの国立公園 アメリカの道路網 インターステート USハイウエイ
カナダ・ドライブ