アメリカ・ドライブ

Chadron〜US−385NSD−79NSD−36WUS−16ASD−87Nウインドケーブ国立公園
ネブラスカ州サウスダコタ州) 
ネブラスカ州Chadronの街からUS−385N経由でウインドケーブ国立公園に向かったが道を間違えて大きく迂回してしまうハメになってしまった。各道路の境界がはっきりしないので連続してアップします。本来ならばUS−385Nで直接ウインドケーブ国立公園に行けていたはずなのですが間違えたためおよそ100Km遠回りしてしまいました。アメリカのフリーウエーを走るとき、Slide Turn(日本の高速道路の進入路のようなターン)の場合、カーナビがあっても気を付けなければならない。いったん間違うと本来のコースには戻りにくい。
走行日 2002/5/30
経 路 US−30E(NE) → Chadron → US−385N → SD−79N → US−36W → US−16A
→ US−385S → ウインドケーブ国立公園 → US−385N → US−16A → マウントラッシュモア記念碑 → Rapid City → I−90E → バッドランズ国立公園
走行距離 約180Km (Chadron〜ウインドケーブ国立公園

写   真 記    事
どこまでも果てしなく続くような大草原の中の直線道路
多分間違えて進入してしまったSD−79Nだと思う

途中カーナビにリカバリーのための道順を探索させたが、未舗装道路ばかりを指示する。コース選択方法で”Shortest Time"を選択したのがいけなかった。このときはまだ気がついていなかったが、こういった旅行の場合”Most Use of Freeway"を選択した方が分かりやすく確実なルートを選択してくれるみたいだ。
SD−36W

しばらく緩い上り坂が続く。
US−16A

もうCuster州立公園の中だ
Custer州立公園
Custer州立公園

景色の良い場所で駐車して車から降り写真撮影をしていたら係りの人に注意されました。州立公園の入園料を払っていない車は駐車してはならないらしい。有料の州立公園の場合、ビジターセンターに立ち寄り入園料を支払って車のルームミラーのところに支払い済みを示すことが多い。よくチェックしています。
Custer州立公園
Custer州立公園

沢山のバッファローが道を横断していました。しばらく停車せざるを得ませんでした。こんなにまとめてバッファローの群を見たのは初めてでした。
SD−87

やっとウインドケーブ国立公園に到着
道路で起立しているプレーリードッグ

とても愛嬌のあるポーズ。近寄るとすぐに逃げ出します。

関連リンク
アメリカ内陸部ドライブ旅行記 US−385 全路線 アメリカ・ドライブ
アメリカ国立公園局公式ホームページ サウスダコタ州 サウスダコタ州の国立公園
HOME アメリカの国立公園