アメリカ北東部ドライブ旅行記

6/5(木)

記        事 写  真
出発

 5:40(ET)起床。ケーブル・テレビは見ることが出来ない。6:00になって初めて見ることが出来るようになった。カップラーメンの朝食。少し風邪をひいたみたいだ。鼻水が出やすくなったようだ。う〜ん、確かに強行スケジュールだからな〜、何て勝手に納得。
 7:00出発、気温摂氏10度。さすがに寒くなってきた。曇り。
GSでガス補給と同時に風邪薬を購入。シロップ状の風邪薬だ。車を運転するときは飲まないようにと注意される。
 アメリカは合理的だ。GSでも薬を購入できる。日本ならば、この時間だと薬局はまだ開いていない。

前が美しい湖のモーテルだった。
ミシガン州のトラックは大きい

  I−75N、MI−72W、US−31S、MI−72Wと経由してSleeping Bear Dunes NLのビジターセンターを目指す。
 それにしてもミシガン州に入ってから大きなトレーラーが目立つようになってきた。これほどの大きさのは今まで他の州では記憶がない。
 ちなみに私も大型トレーラーを運転できる資格を持っている。一度経験としてこんなのを運転してみたいと思う。怖いだろうな〜。

とても大きなトレーラーを追い越す
Traverse City

 US−31からMI−72に入る辺りにTraverse Cityという街がある。地図で見る限りそんなに大きな街ではないように思えるのだがかなり賑わっていた。右手にミシガン湖(Grand Traverse湾)を見ながら運転する。日本ほどひどくは無いが渋滞がひどい。1Km位続く。走行中大きなヨットハーバーみたいなのも見えるし、景色も良い。またモーテルやInnも多い。多分観光都市なのだろう。

Traverse Cityにて
Sleeping Bear Dunes NL(National Lakeshore)

 ビジターセンターに到着。まだ開館していなかったが、すぐに職員が出勤してきた。パークマップ入手、スタンプ押印、パークレンジャーからの助言などを得る。ここも親切に教えてくれた。日本語のパンフレットも探し出してくれた。へ〜、こんな所にも日本人観光客が訪問するのか〜と少し驚き。
画像クリックで別画面に拡大画像が表示されます
ビジターセンター
北米人はピクニックが大好き?

 推薦された場所にまず行ってみる。確かに景色は素晴らしい。アメリカ、カナダの公園にい行くと必ずと言っていいほど野外バーベギュー・パーティができるような施設がある。まだ朝早いというのにパーティを行っている集団がいた。美味しそうだ、パーティに加えてもらいたいとは思うが、そんな勇気はない。

野外バーベギューを楽しむ人達
景色はなかなかのもの

 天候のせいにもよるとは思うがここの景色はどこも美しく印象的だった。右の景色を見て、何か三方五湖を思い出した。何となくのどかな感じがする。この湖はミシガン湖ではない。Glen Lakeと言い、東西10Km、南北6Km位の湖だ。写真は東方向を見て撮影している。

Glen Lake
Cottonwood Trail

 推薦されたトレイルを歩いてみる。砂丘とミシガン湖を眺めるおよそ2Kmのトレイルだ。若干砂の上を歩く部分もあり、少し疲れる。砂の上というのは本当に歩きづらい。

砂丘とミシガン湖
ミシガン湖

 う〜ん、大きい! ミシガン湖は。晴れていたせいか湖面も美しい。浅瀬にかけての色の変化が何とも言えない。この位置からだと対岸のDoor半島まで約80Km、さすがに対岸までは見えなかった。ミシガン湖は東西100Km前後、南北400Km前後ある。私の感覚からすれば太平洋を眼前に見るのと何ら変わりない。
 ちょっと湖の水を舐めてみた。塩辛いと言われればそのような気もするが殆ど淡水だ。やはり海ではなかった。

ミシガン湖
海水浴?

 ここは景色も素晴らしいが遊ぶ施設もそれなりに充実している。海水浴をしている人も沢山いた。ここの場合、海水浴というのだろうか?湖水浴?

海水浴をする人達
親子でカヌー遊び

 湖だけでなく湿地帯もある。ここではカヌーで自然探索もできるようになっている。親子でカヌーを楽しんでいる光景も見た。いいな〜。

カヌーを楽しむ親子
野生動物、植物

 ここには森林地帯もある。いましたいました、やはり鹿が。写真撮影に成功。
 また各地に美しい植物も厳しい冬が過ぎて、今とばかりに咲き誇っていたみたいだ。
 この辺りで北緯45度だ。丁度日本の稚内と同じ緯度辺りなのだ。

野生の鹿。野生動物に餌を与えてはいけない。
カーナビの指示に逆らって

 Sleeping Bear Dunes NLの見所を殆ど見終わって次の目的地Pictured Rocks NLをカーナビに入力。カーナビの指示は今朝来た道路を引き返しI−75Nに入るようだったが、Scenic DriveとなっているUS−31Nで北上することにした。しばらくはカーナビがルート再計算を行いUターンせよとうるさかった。しばらくこれを無視して走り続けるとやっとカーナビもUS−31Nのルートを指示してくるようになった。
 この辺りのUS−31Nは左手にときたまミシガン湖が見える。そんなに感激する程の美しさとは思わなかった。小さな街や村を通過しその度にオートクルーズを解除して運転するのは面倒だった。

US−31N Scenic Driveコース
Mackinac橋

 左手にミシガン湖、右手にヒューロン湖を望む有料橋だ。通行料金はいくらだったか忘れた。この橋はサンフランシスコの有名な金門橋よりもかなり大きいらしい。
 橋全体が見える場所は瞬間的にあったが写真撮影し損ねた。

主橋脚間距離:1157m
主橋脚の水面からの高さ:168m
1957年開通

Mackinac橋
宿泊

 橋を渡り終えた直後のところで宿泊。
St. ignace,MI Cedars Motel 39.24ドル。電子レンジ、コーヒーサーバー、バスタブ無し。
紹介してもらったレストランに行ってみた。ヒューロン湖をがよく見える場所のちょっと高級そうなレストランだ。今回の旅行で初めてステーキを食べる。12ozのPrimb Steak、食べきれなかった。ミディアムレアで注文したのに少し焼きすぎで固かった。 チップ込み17ドル。
 モーテルに戻り23時、今朝購入した風邪薬を飲んで就寝。

食べきれなかったステーキ

TOP  次ぎ 

関連リンク
HOME アメリカ・ドライブ アメリカの国立公園
ミシガン州