アメリカ北東部ドライブ旅行記

6/8(日)

記        事 写  真
アメリカにも梅雨があるのか?

 7:40(ET)起床。さとうのご飯の朝食。やはりご飯は美味しい。着替え類が無くなった。前日と同じものを着る。ランドリーのあるモーテルを探さなければならない。今までのモーテルにはすべてランドリーの設備が無かった。
 8:20モーテル出発。気温摂氏15度。小雨。本当によく雨が降る。連日24時間天気予報ばかりを放映しているWeather Channelという番組を見ているが、前線が5大湖方面を中心として半時計回りに移動している。前線の動きと同期して雲が発生し同じように移動する。でも前線は殆ど5大湖辺りからは移動しない。まるで日本の梅雨のようだ。たまたまこのような天候だったのかもしれないが、それにしてもよく雨が降る。

International Fallsのモーテル
ボエジャーズ国立公園

 ボエジャーズ国立公園も広い。西端のRainy Lakeビジターセンターから東端のAsh Riverビジターセンターまではおよそ100Kmドライブしなければならない。元々、東のAsh Riverビジターセンターから西に向けて移動しインターナショナルフォールズからカナダ側に入る予定だった。昨日、モーテルが無かったために既にボエジャーズ国立公園の西の端まできてしまった。また引き返して来なければならない。これだけで往復200Km余計にドライブしなければならないことになってしまう。
 まずはRainy Lakeビジターセンター訪問。立派な建物で中にはムースをはじめ色々な動物の剥製などが展示されている。
 ここでいつものような作業。
画像クリックで別画面に拡大画像が表示されます
Rainy Lakeビジターセンター内の展示
遊覧船

 Rainy Lakeからは遊覧船が出ているはずだったが、6月15日から運行開始とのこと。まずはパークレンジャーに推薦されたトレイルを歩く。そんなに驚くような景色には出くわさない平凡なトレイルだった。短いトレイルだったが、トレイル途中の案内標識はとても分かりやすいものだった。
 この時、雨は止んでいたが、雨のせいかトレイル途上で見かける花はとても生き生きとしているような気がした。
画像クリックで別画面に拡大画像が表示されます
トレイル
Kabetogama Lakeビジターセンター

 Kabetogama Lakeビジターセンターに移動。Rainy Lakeからおよそ40Kmの移動だ。インターナショナルフォールズの街を通過する。
 Kabetogama Lakeビジターセンターのパークレンジャーのおばさんはどちらかというと陰気な感じだった。何か「こんな辺鄙なところに勤務させてからに〜」と何か拗ねているような感じだった。対応が無愛想なのですぐに出て、この地区を見物。 
画像クリックで別画面に拡大画像が表示されます
Kabetogama Lakeビジターセンター
リゾート

 リゾートといえば設備の充実した行楽地全体を指すものと理解していたが、この辺りにはよく”Resort”の看板を目にした。どうやら、色々な娯楽施設を伴った宿泊施設のことを指すように感じた。小規模だけれども、各宿泊施設毎に”Resort”の看板が立っているのだ。

Resortと謳ってる看板が多かった
水上交通手段

 ボエジャーズ国立公園は30の湖と900の小さな島で構成されているとのことだ。ここではモーターボートとかカヌーなどの水上移動手段が無ければ十分には楽しめないみたいだ。ともかく無しでも行ける感動的な景色を求めて雨が降る中動き回る。

 
画像クリックで別画面に拡大画像が表示されます
ボエジャーズ国立公園では水上交通手段が必要
晴れていたらな〜

 Kabetogama Lake地区からAsh River地区のビジターセンターへ移動、約30Kmのドライブだ。ここではNature Trailというのを歩いた。小雨が降る中、雨具を身につけてのハイキングだ。結構感動的な景色も見ることができた。
画像クリックで別画面に拡大画像が表示されます
なかなか景色の良いところもある。
Nature Trail

 Ash Riverビジターセンターで推薦されたNature Trailを歩いた。少し小雨の中を出発。およそ4Kmとこの天気で距離が長いのが心配だ。途中かなり強い雨にも見舞われカメラなどがずぶ濡れになるのが心配だった。またトレイルがぬかるみ歩くのが困難になるのではないかと冷や冷やしながら歩く。このトレイル、途中で舗装道路を横切るのだが、この横切るときに次に歩くべきトレイルが探しにくかった。とにかく駐車場に戻ったときは雨も強くずぶ濡れになってしまった。
 

あっちの島々へも行ってみたい
カナダへ

 再びUS−53を経由してインターナショナルフォールズ、フォートフランスを通過してカナダに向かう。この区間のドライブは昨日も含め3回目。不思議なもので土地勘が身に付くと昨日あんなに心細く長く感じたこのUS53の区間が意外と短く感じた。Ash Riverからフォートフランスまでは距離にして6,70Kmだ。

US−53
Fort Frances

 次の目的地としてグランドポーテージ(Grand Portage)を指定する。インターナショナルフォールズへ向かう間、常にUターンせよとうるさい。しばらく走るとカナダ経由で向かう方が距離的にも遙かに近いというのにUターンせよと指示してくる。どうやらこのカーナビ、カナダではうまく機能しないのかもしれないと思いながらカーナビの指示を無視し続けながらフォートフランス(Fort Frances)へ向かった。インターナショナルフォールズ内の案内標識を元に運転する。どうやらフォートフランスはカナダ領の街らしい。国境を通過するときアメリカ側で6ドル徴収された。何故徴収されたのか不審に思ったが、もしかするとカナダ側への有料橋の通行量なのかなと勝手に納得していよいよカナダ領に入る。
 カナダ側の入国手続きはおよそ30分かかった。スーツケースを開けさせられた。何かと質問されカナダ滞在を2日間許された。

カナダ側入国審査場所
トランスカナダ・ハイウエイ11号線

 入国審査の場所を出るとすぐに有名なトランスカナダ・ハイウエイの案内標識が見えてくる。どいうわけかカナダ側にくると急速にお天気が回復してきた。
 しばらくは慎重に運転する。

カナダ入国直後の風景
お〜、きれい〜!

 Rainy Lakeを越える橋がある。ここでは橋の両側の視界がぐっと広がる。晴れてきたせいか格別美しく見える。ボエジャーズ国立公園と隣接しているが、こちらからの風景の方が遙かに印象的に感じた。青い湖面、遠くに散在する小さな島々、島々の木々の緑、すべてが美しく感じる。今通過している橋すら美しく感じてしまうのだ。

この橋の両側の景色は素晴らしかった
ガソリン・スタンド

 これから先、とても寂しいことが予想される。カナダで最初に見つけたGSでガス補給と食糧購入。カナダでもGSの建物は日本のコンビニのようで色々な物を買い物することができる。アメリカとはかなり品揃えが異なるように思えた。GSのお嬢さんと話したがとても愛想が良い。また他の従業員達も何か精神的に余裕を持ったような明るさだ。アメリカとは少し雰囲気が異なるのを感じる。でも何となくカナダ人の方がアメリカ人よりも信用できそうな人が多そうだ。

交通量は少ない。殆ど片側1車線だ、時折追い越し車線が出現する。
森と湖の国、カナダ

 カナダはよく「森と湖の国」と言われるが本当に湖が多い。Thunder Bayの街を目指しておよそ300Kmのドライブだ。途中実に多くの湖があった。生憎の曇りとか雨の天気で印象はパッとはしなかったが晴れていたらとても美しかっただろうと思う。300Kmも森と湖の景色が続くとさすがに飽きてくる。
 300Kmのドライブ中、人工物は殆ど見なかった。時折ハイウエイの出口があるが、建物などはハイウエイからは見えない。3年前カナダ・ドライブをしたときのことを思い出した。確かハイウエイ沿いには余り建物などは目に付かなかった。ハイウエイを下りて少し離れたところに集落があるケースが多かったような気がする。
 カナダに入ると制限速度などはKmで表示される。この区間の制限速度は90Km。一応65〜70マイルの速度で走る。1.6倍して100〜110Kmの速度だ。大体20Km超過、許容超過速度範囲というものは各国同じようなものだろう。後ろから猛烈な勢いで追いついてきた車がいた。追い越させてその車の後につく。大体80マイル前後の速度だ。およそ40Km超過の速度だ。ほ〜、真面目なカナダ人もこんな走り方をする人もいるのか〜と感心しながらずっと追走する。

もう飽きるほど湖の景色を見ました。突然湖の風景が現れるので素晴らしい景色を撮影しづらい。
カナダのトラックも大きい

 ミシガン州に入ったときトラックの大きさに驚いたものだが、カナダに入るとトラックは更に大きなのを目撃するようになったと思う。写真のトレーラーなど滅茶苦茶大きいと思う。日本の一番大きなトレーラーの倍以上の長さがあると思う。こんなのを片側1車線の多いこの地域で追い越すのは大変だと思う。

長大なトレーラー
宿泊

 Thunder Bayの近くまで来た。Kakabeka Fallsという街だ。ここで宿泊することにする。
 Telstar Motel 55.64CAドル、高いのか安いのか分からない。Telstar Motelで紹介されたレストラン A-Okeyでステーキを食べる。14.81ドル、手持ちの現金は15カナダ・ドルと小銭しかない。仕方がないのでクレジットカードで払う。チップ現金で5CAドル、高すぎるチップだ。

このレストランでステーキを食べた

TOP  次ぎ 

関連リンク
HOME アメリカ・ドライブ アメリカの国立公園
ミネソタ州 カナダ・ドライブ オンタリオ州(CA)