アメリカ大自然の旅

記       事 写   真
10月27日(金)走行距離79マイル、126km

 午後6時起床。今日はユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで丸1日過ごす予定。
101号線でロスの都心部に向かう。通勤ラッシュ。片側6車線に通勤の車がぎっしり。車の量はとても多いのだが、流れは比較的スムース。時折、頻繁に車線を変更しながら飛ばす車がいる。でも全般に日本よりも運転マナーは良い。極端な割り込みをする車もいるが、数少ない。方向指示器を点滅させると殆どの車は譲ってくれる。カーナビはまだ正確に位置を示してくれない。どうも西海岸では午前9時位まではカーナビがうまく作動しないみたいだ。カーナビがないと車線数が多く、交通量が多い場合は高速道路を走るのは緊張する。必死で案内標識を見る。でも英語で表示されているので読み損なったり、理解できないこともある。
 やっとの思いでユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに到着。1年前にここは訪れたことはあるが、この時はツアーの観光バスでやってきた。今回は自分で運転してきた。駐車場に入れる。以前来たときとは少し位置が違う。見慣れない街の風景だ。ユニバーサル・シティというらしい。シティの通りを少し歩くと有名な地球儀のユニバーサル・スタジオの入口に達する。さすがに日本人観光客が多い。およそ2割が日本人ではなかろうか。1日パスを購入する。今日は平日で待ち時間も殆ど無いだろうと予想して通常の1日パスを購入。でも少し料金は高いがVIPパスというのを購入した方が園内ではなにかと便利そう。VIPパスだと各ライドなどは殆ど待たずに優先的に乗れる。また各ショーも待たずにVIP席で見ることができる。次来るときはVIPパスを購入しよう。
 1年前にも来ているので園内はとても要領良く回れる。以下のような順番で楽しんだ。
  ターミネータ2:3D、音、臭い、振動、実際の役者。一番のお奨め。見るならば前の方が面白いと思う。2回見た。
  スタジオ・ツアー:往年の映画のシーンの中に入れる。大地震とかキングコングが印象的。ジョーズは期待ハズレ。
  Back to the Future:この手のライド、このときはもう飽きていた。ちょっと疲れる。
  Jurassic Park:恐竜の世界をボートで巡る。余り迫力は感じない。最後にボートが水しぶきを上げながら落ちていくときは楽しい。ボート最前列で端の方に座るとずぶぬれになる。入口でポンチョを売っている。これは2回乗った。
  Back Doraft:火災シーンを体験できる。
  E.T.:長く待たされた割にはつまらない。入口で名前を登録していると帰りにETが自分に声を掛けて挨拶してくれる。
  Water World:必見のショー。1回目はずぶぬれにされる席で鑑賞。実物大の飛行機が飛び出して来る。2回目はビデオ撮りのため安全な席で見た。
  Animal Actors:映画に出てくる動物達のショー。
  Magic Adventure:前列の方に座って鑑賞。司会者に話しかけられるのではないかとドキドキ。子供向けのイメージだがマジックの内容はとても大掛かり。
  Wild West:今回は見ることができず。西部劇のスタント・ショー
園内にはドラキュラなどの映画の主人公に扮した人が沢山いて気軽に写真撮影に応じてくれる。園内での食事は大変混雑する。
ユニバーサル・スタジオを出てユニバーサル・シティの寿司屋に入る。日本人の板前と久しぶりに日本語で会話。まぁ普通の味。でもカリフォルニア米はやはりまずい。ここでは鍋焼きうどんも勧められた。料金はちょっと高め。何組かの日本人も店内にいた。
 いよいよ明日は帰国の日。最後のホテルMarriot Los Angels Airportに向かう。このホテルは空港の近くに位置しており、日本から予約していたホテル。とても素敵なホテルだった。料金もロスにすればとても良心的。
 ユニバーサル・スタジオからLos Angels国際空港に自分で車を運転していくのはとても難しい。高速道路を通って行くのだが、交通量が多い、車線数が多い、道路番号の表示が分かりにくい、空港への案内標識が少ない、交わる高速道路が多いなどで、結構道を間違えながらやっとの思い出たどりついた。ホント、道路事情を熟知していないとなかなかスイスイとは運転できない。
 ホテルを確認。すぐにはホテルには入らない。次に明日返却するレンタカーの営業所を探す。ホテルのすぐ近くだった。
 ホテルに到着。明日は帰国のため車内の荷物をすべて下ろす。結構な量だ。車を係りの人間に渡す。明日、係りの人に車を持ってきてもらうときにチップ3ドル位渡さなければならない。チェックインすると、また係りの人が荷物を運んでくれる。部屋に着いたときまたチップ1ドルを渡す。大きなホテルなので部屋までは結構遠い。明日は自分で荷物を手にしてフロントまで行かなければならない。

ユニバーサル・スタジオ



スタジオ・ツアー



キングコング


洪水




このボートに水をぶっかけれっる。


実物大の飛行機が飛び出してくるWater Woldのショー



戻る NEXT